建築士という立場

嫁である私は、実は建築士です。

こと住まいに関しては、おそらく人よりも過剰な反応を示すと思います。

建築士とはいっても、主人の転勤や出産子育てなどの時期により、
今はただ、専業に家のことを行っている状態。いわゆる専業主婦。

とても本物のプロとは言えません。

しかし、資格を持っている以上、仕事に携わっていた経験がある以上、
家族にとっての頼みの綱は、やはり私なのでしょう。
頼りにされる空気もヒシヒシと伝わってきます。
致しかたがありません。

ここはもう一度、眠っている頭をたたき起し、
すこしくらい小難しい専門用語などを交わえながら、建築計画を進めていかなければなりません。

しかし、知識だけの建築計画ではなく、
家族関係の絆を紡ぐ”人”としての役割を、
建築士としての仕事以上に重要だと感じたのでした。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved