子供と祖父母の関係も考慮

ライフスタイルの違い

同居のメリット、デメリットで、お互いに十分考えなければいけない、ということに、ライフスタイルの違いがあることを、言いました。

完全分離型でなければ、お互いの生活に干渉する場面がしばしば出てくることになります。それは決して悪いことばかりではないのでしょう。助けの手が多いほうが、安心感が増えるのですから。

現在、長期の休みの時にしか帰省していないので、
実際、私達がどんなペースで暮らしているか、
今後の生活にどんなプランを抱いていたのか、
実際の暮らし方で、どんな違和感がでてくるだろうか予想できること、を列挙してみます。

私達の暮らし方にあわせて下さい…というわけではありません。
ごくごく一般的な家庭だと思いますが、
自分が客観的に暮らし方を確認するのにも必要だと思います。


<夫>
・週休2日で、月〜金の出社。土日は休み。祝日は出勤。
・出社日は、7時半に家を出、夜9時ごろ帰宅。
・帰宅後も、パソコンを使って会社とのやりとり、残務整理。
・サラリーマンとはいえ、平日は仕事とプライベートの区別があまりなく、どちらかというと仕事中心の生活。
・9時以降に夕食を摂るという夜型生活
・11時頃入浴、日付が変わる頃に就寝。
(このあたりのペースが、まったく噛み合わないと思われる)

・高血圧などの持病有。定期的な通院と投薬

もしも転居した時の、仕事と住居の関係
・とても出張の多い仕事。
・現在、出社日の2〜3日は、県外に出ている状態。
・今後も、相変わらず全国の取引先と事業所を回る仕事が続く予定
・とはいえ、出張先が、実家近辺だけとは限らないため、週の半分が会社の寮や宿泊施設などで補う必要がある。
・半分、単身赴任になってしまう可能性がある。
・生活面でかかりそうな金額を資産しなければならない。
・今の家のローンを減らした分、週末などに帰る交通費や、宿泊代を捻出することを考えなければなりません。
・本社はそちらですから、近辺への転勤がないわけではありません。
・以上を勘案してもプラスになる転居のメリットが出れば、時期を検討しなければなりません。

<妻>
・現在のところ、無職
・時々、家でできるアルバイトを見つけ、時間を決めて携わる。
・かなりのんびりとしている専業主婦。
・家にいることの理由
  子供達が早く帰宅する年頃までは、家にいることで、家族が安心感を得られること。
  多忙なサラリーマンの妻として、出張時の送迎、夕食や衣類など日常生活の環境が整っていること。
・仕事に復帰したい意欲(金銭的事情)はある。


<子供〜女>
・とても感受性の豊かな子ですが、マイペースながら環境の変化を受け入れられる器は持っていると思われる。
・転居に関する、環境の変化には耐えられそう。
・逆に、祖父母が好きなので、一緒に暮らすことのメリットが多そう。
・ただし、女の子なので、思春期を迎えるころに気持の変化がどうなるか。
・今、学校でがんばっている課外活動をどう切り上げるか。
・将来の目的を持って、進路を考えたとき、選択肢の多い都会への転居は有利になるか。
・ピアノを気兼ねなく弾けるための環境が必要。
・動物を飼うための環境が必要。


<子供〜男>
・体が大きく、健康面では優れている
・のんびり穏やかな性格なので、転居に関する、環境の変化には耐えられそう。
・大きな夢がなく、自分の将来についても、よく考えるにはまだ幼い。
・体を動かすよりも、絵を描いたり本を読んだり、考え事をする方が好きなようで、静かで落ち着けるスペースを好む。
・今、大好きな存在である歳の近い従兄弟たちが、日常的に身近にいることによって、コンプレックスを抱くことがないか。


家を建てることとは、少し離れた話になりますが、子育てをしている中で時々不安に思うことを書きます。

私自身が祖父母と3世帯同居していて、親戚との付き合いの中で感じていた体験でもあります。今度、実家に帰るとなると、すぐそばに夫の妹家族が住んでいます。その子供達(いとこたち)とはとても年も近く、同じ学校に通うことになります。

親戚同士における成長期の気持ちのずれは誰もが感じるでしょうし、これはお互いさまでもあります。もちろん、今のままずっと仲良しで、将来も支えあえる間柄で成長してくれれば、うれしいことこの上ありません。

しかし、子供たちは、私自身が体験したことでもありますが、
本当に些細なことで、心に負担を感じてしまうナイーブな部分も持っています。それは大人が口で、「大丈夫だよ、気にするな」というほど簡単な問題ではないこともあるのです。

姉弟間でのコンプレックス、親戚付き合いの中でのコンプレックスは、
私たち夫婦が共に「2番目で真ん中の子」であるからして、とてもよくわかるのです。そして、いたたまれない部分でもあります。

もっとも、大人になってしまえば、思春期の心の葛藤であったと割り切れるし、そのような気持ちを経験するのとしないのでは、人間としての幅もまた変わってくるような気がします。その気持ちをバネにして、向上心に変えてくれる強さと、干渉の目が増えることによって、視野が広がってくれることをとても期待するのですが。

私は子育てしている中で、いつも子供たちに、
一人一人が違うの人間なのだから、同じものは与えられないし、同じようには育てられない。

どちらが可愛いとか、どちらが大事だなんて愚問にも答えられないし、
逆に差をつけていないとも言い切れない、と言っています。
幸い、性別の違いがあり、性格の違いがはっきりとあり、
子供たち自身がそれを自覚しているので、理解できているようです。

祖父母との同居で、関わる大人が増えると、混乱することがあるかもしれません。かといって、おじいちゃんおばあちゃんの口を挟むな、と言ってしまうとせっかくの同居の良いところが意味をなさなくなってしまいます。

その辺のバランスが難しいですね。
様子を見ながら、大人が気を使うことが必要な時もあるかもしれません。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved