自分達の老後や介護も考慮

まだ健康に自信がある今、なんとなく話を避けていたことがあります。
老後の生活、老後の介護のことです。

どのように老いていくか、介護が必要になるのかなど、
考えたくないことかもしれません。

けれども、私たち自身もいずれ歳を取ります。

家族に迷惑をかけないで、安全で安心な老人ホームに入れるように、
資金を溜めておく人も多いと聞きます。

実際、体調によっては、いくら家が広くて介護に適しているとはいえ、
個人の力では難しくなることもあるのかもしれません。

今、考えなければいけないのは、
基本的には、できるだけ長く自宅で、安心に安全に住まえるだけの
器づくりです。

「バリアフリー」の考え方が、一般的に社会に浸透してきていますから、
この際、家の中も「バリアフリー」を考えるべきだと思うのです。


バリアフリー …
障害者や高齢者の生活において、不便になる可能性がある障害を、取り除こくこと、また取り除いておこうという考え方のこと。

具体的には、道や床の段差をなくしたり、視覚的に方向や物の場所が明らかにわかるようにしたりする工夫のこと。

もうすこし考え方を広げて、高齢者や障害を持つ人にかかわらず、誰が使っても使いやすく、分かりやすくすることを「ユニバーサルデザイン」という。

バリアフリー住宅 …
特に住宅建築において、バリアフリーの考え方を具体化したもの。各部屋の段差をなくす、洗面台を低くする、手すりをつける、滑りにくい素材を使うなど、安全に対しての策を講じていること。


実際我が家の場合何を考えないといけないか、具体例をあげてみます。

・土地の高低差の解消
東側の道路と、北側の道路は階段でつながっているため、両方の道路に面して駐車場があることが理想。また、家のなかでエレベーターを使って上での移動ができると楽。

・車いす対応
現在、体の中の不安な点は、足腰の痛み。
よって可能性としては、車いす対応の廊下幅、建具、素材にしておくこと。

・視覚
我々も含め、視力が弱い人が多いので、色彩計画に気を使うことがある。
明らかな段差の色分け、メンテナンスのしやすさなどを考える。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved