希望規模と建築候補地の条件の合致

家族の規模について、将来的にどういう変化があるかの可能性を予測してみました。

そうそう予定通りにはいかないとしても、
では計画を始めるにあたり、どれぐらいの大きさの家が必要なのか、
検討の目安になります。

基本的には、最大の人数になったときに、必要最小限であることです。

最大人数のときに、余裕があると持て余すでしょうし、
人数分の部屋がなければ、やはり困ることになります。
いずれ独立するであろう子供に対し、
個室がいるのかどうかという議論があります。

教育者や建築士が、雑誌などでもいろいろな案を提案しますが、
こればかりはやはり個別の教育の方針と、
どれが良いのかと言うのは、一律にはいえないでしょう。

例えば、子供の勉強は食卓でしたほうがよいと言われています。
しかし、食卓が本当に落ち着ける場所かどうか、その環境を作れるかどうかは、家族構成にも、家族の考え方にもよります。

我が家の場合、子供部屋については
これから子供たちが思春期に入る。
思春期に入ったら、10年は個別に逃げ込む部屋が必要であろう。
しかし、10年後には独立するかもしれない。
独立したときに、そのまま客間や物置として使うのか、
広げて他の用途として使うのか、
と想定できます。

そうすると、具体的にどう計画するのかというと、
子供部屋を、リビングに接して造り、
間仕切りには耐力壁を使わずに、必要がなくなった時には取り壊せる壁にしておこう。不必要な家具が出ないように、それぞれの部屋に適当な大きさのクローゼットを設けよう。

思春期の間、安心して自分の部屋に逃げ込めるように、
家族全員の通路にならないように、奥まった場所に設けよう。
外の影響を受けないように、人通りの多い道路から離れた場所にしよう。
かといって、引きこもることのないように、必ずリビングを通る動線にしよう。
などと考えられます。

同様に、他の部屋についても考えていきます。
我が家の場合、基本的には老夫婦がメインとなって建てる家なので、
親世帯の動きを中心に考えます。

足が悪くなった時には、扉の幅を広げられるようにしておこう。
外構を一部壊せば、もう1台駐車できるようにしておこう。

などと、規模よりも、使い勝手が中心になります。

平面的なプランを考えると同時に、
建築候補地には、土地に対しての様々な建築条件があるため、
合法的であるかどうか、ということを検討しておかなければなりません。

建築の条件には、次のようなものがあります。

・建ぺい率
土地の広さに対して、建てられる建物の面積のこと。
5/10という表示で、50%のこと。
50%とは100平方メートルの土地に、50平方メートルの大きさまで建ててもよいということ。建物の大きさはとは、水平投影面積。

つまり、地面に接しているという意味ではなく、1階より2階のほうが広ければ、2階の床面積。バルコニーや庇など一部、緩和がある。


・容積率
土地の広さに対して、建てられる建物の延べ床面積のこと。
10/10という表示で、100%のこと。100平方メートルの土地に、述べ100平方メートルの床面積まで建ててもよいということ。バルコニーや庇など一部、緩和がある。

・用途地域
建築基準法では、地域ごとに建ててもよい建物の用途を決めている。
都市によって、利用用途があるため。

12種類の地域に分けられ、それぞれ建築可能な種類が決められている。
自分の思い描く大きさの住宅が建てられない地域、また住宅そのものが建設できない地域もあるので調べておかなければならない。

住居系
・第一種低層住居専用地域 … 専用住宅の住環境を守るために低層住宅程度しか建てることができない。
・第二種低層住居専用地域 … 一低住専に、ごく小規模な店舗が許される程度の、住環境を守る地域。
・第一種中高層住居専用地域 … 住居専用ではあるが、中高層の建物が許可され、公共施設や小さめの店舗なども含め、住環境を整備するために設けられ

ている。
・第二種中高層住居専用地域 … 一種中高層住専に比べ緩和があり、広めの店舗や事務所なども含まれる。
・第一種住居地域 … 住居に適する環境が保護されている地域。小規模の工場までは許可される。
・第二種住居地域 … 一種住居に比べ緩和があり、ホテル、パチンコ屋・カラオケボックスなどの遊技場まで認められる。
・準住居地域 … 比較的交通量の多い沿道などで、商業施設と住居に適した環境を調和させるために設けられている地域。もともと、住宅地に面して倉庫

などの商業利用施設を設置したいという目的で作られた地域。

商業系
・近隣商業地域 … 近隣住民が日用品の買い物する程度の商業施設の増進を図る地域。
・商業地域 … 商業の発展のため、業務の利便の増進を図るための地域。商業施設事務所のほか、遊技場や娯楽施設も含まれる。住宅を建てることもでき

るが、住宅のために適した環境ではない。

工業系
・準工業地域 … 軽工業の工場、商業施設などが建てられる。住宅を建てることも可能。
・工業地域 … 工業の利便の増進を図るための地域。商業施設住宅を建てることも可能。
・工業専用地域 … どんな工場でも建てられる。危険性が極めて高いもの、環境悪化の可能性が大きい設備などが集められるため、工場以外の建築には制

限がある。


・セットバック(道路幅の制限)
住宅の敷地は、幅員4メートル以上の道路に、2メートル以上接していなければならない。旧市街地などの建て替えで、既存の道路が4メートルの幅員がない場合、道路中心から2メートル後退したラインを敷地境界線と見なされる。

自己所有の土地だったとしても、建築基準法省建ぺい率や容積率の計算からもセットバック部分は、省かれてしまうのでとても損をしたような感じがする。

・高さ制限
建築物の高さは、用途地域によって決められている。
住宅専用の低層住宅地域では、高さ10メートルか12メートル以下と決められている。

・斜線制限
立体的に建築範囲を決める法律に、四つの斜線制限がある。
「道路斜線制限」道路の日照や通風を確保するため
「北側斜線制限」北側に立つ建築物の日照や通風を確保するため
「日影規制」近隣建築物の日照を確保するため
「隣地斜線制限」隣地建築物の日照や通風を確保するため


そのほかにも個々の建物にかかわる法律に、
採光、排煙、防火地域における内装仕様など多岐にわたる決まりがある。

また建物をつくるときには、建築基準法だけではなく、消防法や民法などにも関係があります。素人では分からないぐらいたくさんの決まりがあるので、この土地に建てたいと決めたならば、専門家に相談し、どのような法律がかかって、どの程度の建物なら建てられるということをきちんと調べておいた方が良いでしょう。


我が家の場合、
敷地の2面に接する道路がありますが、両方とも幅が狭く、建築基準法によるセットバックをしなければなりません。

セットバックとは、道路の中心線より2メートルまでは道路とみなすという法律です。70年前に建てた家ですので、道路が狭くでも問題なく過ごしていましたが、現在の建築基準法で、無償で我が家の土地を道路に提供しなければならないことになっています。

2面の道路への接地は、かなりの距離なので、
測量の結果、敷地面積が思ってたよりも、狭くなるということになりました。

長年すんできた父にとっては、覚悟はしていたものの、何故?と腑に落ちない感情が生まれてしまいます。役所は、個々が納得するような説明をしてくれません。

今の法律を理解し、納得しなければならないので、建築士など専門家の説明を十分に受けたうえで、
地域環境の整備に理解を示さないといけないのです。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved