法律と建築制限の理解

建築基準法には、大きく分けて
・集団規定
・単体規定
という二つの基準があります。

計画の第一段階で理解しておかなければいけないのは、いわゆる集団規定です。集団規定では、都市計画区域内において、建物にどういう規制がかかるのかを決めています。

具体的には、
・接道義務(セットバック)
・用途制限
・建ぺい率、容積率
・斜線制限

などです。自分の建物が、周囲に対して及ぼす影響、すなわち街づくりにかかわる法律だと思ってください。対して、単体規定というのは、個別の建物の安全性や居住性を確保するために決められています。

・建築物の敷地
・構造
・居室の採光
・換気
・設備
・建築材料の品質等に関する制限

などです。基本的には人命の尊重を1番大切に考えられています。

具体的にプラン計画が始まったとき、建物の配置や、窓の大きさや位置、換気設備などについて、なんだかよく分からないけれども制限がありそうだ、という状況に陥ることがあります。たいてい、建築基準法の単体規定に関する部分です。

細部については、相応の知識を持った建築士でないと法律の解釈が難しいので十分に説明を受けて、納得しておくようにします。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved