我が家のスケジュール

一般的な工事の進め方をスケジュール計画として書き出しましたが、
実際には、前後する部分もあるし、
調査関係のところなど、主に施工業者が動くので、
施主としてするべきことは、言われるがまま、ということになってしまいます。

しかし、疑問点が出てきたときに、業者の言いなりになってしまわないように、悪く言えば「騙される」ことのないように注意する必要があるのです。


★建築計画の流れ

・当初、「建替え」のつもりはなく、リフォームなどで付き合いのあった業者に、耐震診断をさせる。

・耐震補強した場合に、どれぐらいのコストがかかるかを見積もりする。

・耐震診断の結果が思わしくない。
(予想していたよりもはるかに建物が老築化しており、耐震補強が難しいため高額になる)

・耐震補強にかかる費用が大きいため、新築の見積もりをする。

・同じ業者に、新築の打診をする。

・難解な土地形状のため、リフォーム業者では手に負えず、満足するプランが出てこない。

・家族内で資金計画の目処をつける

・モデルハウスを見に行く

・マンションのモデルルーム

・住宅展示場の一戸建て
 
・展示場にて、気に入った家があり、営業マンと話をする

・営業マンと気が合う。

・敷地条件が複雑なため、現地調査、提案をさせて業者の力量を見る。

・敷地調査、提案の方向性が意向と合っていたため、仮契約を結ぶ

・調査、見積もり、プラン決定

・本契約

・解体、仮住まいへの引越し

・着工


<業者決定の要因>

・大手ゼネコン系のため、複雑な地盤の工事も得意としていること

・親会社の規模

・営業マンの対応

・営業所の立地条件(足を運びやすい)

・土地に対するプレゼン能力

・構造躯体の好み

・モデルルームと、実施物件の印象

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved