見積もり

ローンを組むということの資金面で心配がないとはいえ、
おおよその予算額は決めて、おかなければなりません。

また、概算見積もりをすることで、家にかかるコストや部材のグレードを知っておかなければいけません。

私の役割は、専門知識を使って、いかにわかりやすく金額の内訳を説明できるかという部分です。

・標準的なモノの値段を調べる、ショールームに足を運ぶ、カタログを取り寄せる、直接メーカーに問い合わせてみる。

仕事をしているときは当たり前のことでしたが、家のことをしながらその労力を惜しまず、というのは大変な作業です。

施工業者に任せればよいのですが、ほとんどのハウスメーカーがそうであるように、我が家が選んだ業者も、「ほかのメーカーの部材を使えない事もないが、取引があって、いちばんお値打ちに入手できる部材」=標準としていて、標準以外となる膨大な資料を業者の方から提案することは、とても難しいようです。

よく考えれば当たり前ですよね。
建材メーカーや部材など、世の中には膨大な量があるので、標準以外でもっと安くてよいものがあるのならば、こちらから提案するしかないのです。

しかも、以外と標準の範囲が狭く、実は本見積もりに近づくまで、業者の決める「標準」の解釈について、振り回されることになるのです。

・業者が出してきた見積もり内容に間違いがないか、トラブルの種になるような部分は無いか、検討しておく。

そういう意味で、仮契約時の見積もりが、どの程度のグレードなのかを把握しておかないと、これからの打ち合わせのなかで仕様変更した後、本見積もりの時に、追加費用に驚くことになります。設備機器にしても実際にショールームやカタログなどで、良い商品を見てしまうと良いグレードのものが欲しくなってしまいます。

たいてい仮見積もりの時には、真ん中か若干低いグレードの商品を当てていることが多いため、契約後、実施設計を進めていく中で、調子に乗って理想通りにグレードアップしていくと、本見積もりの時にその増加額に驚くことになってしまいます。

・ローコストにするにはどのような方法があるか
ローコストというのは単に安く作る、という意味ではありません。高価な部材を使ってもランニングコストで十分に吸収できることもあるからです。

一般的に、見積もり額を見直して値を下げることを検討すると、
やすい部材に置き換える、というのが手っ取り早い方法になります。
しかし、安かろう悪かろうでは意味がないこと。

計画の無駄が無いか、設備の無駄が無いか考え
その上で、贅沢な部分を少しずつ改善していく、
そのようなところから値段調整をしていくべきだと思います。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved