仮契約

施工業者は、契約が欲しいため、一刻もはやい段階で仮契約を結ぼうとします。もちろん優秀な営業マンは、そのような急がせた態度を見せず、もう少し別のアプローチで契約を迫ってきますが。

温和な態度ながら実のところ、施主に、他社と比較する隙を与えたくないのです。ですから仮契約の段階では、プランというのは曖昧なものです。

特に我が家の場合、近未来に同居するという方向で話がまとまったものも、現在は離れて住んでいるため、プランの話し合いが一向に進みません。ですから、施工業者の提案する「とりあえず2世帯同居のプラン」で契約することになります。

いずれその家を手放す可能性があるような建売住宅ならともかく、
完全フリープランで自分たち仕様に作る建物の場合、
一般的な提案のものより、かなり個人の好みに合わせて変更があることが予測されます。そういう意味でも、仮契約時の見積もりが、どの程度のグレードなのかを把握しておかないと、仕様変更した後の本見積もりの時に、追加費用に驚くことになります。

実際、契約後、本格的に打合せを始めた際、最初の提案するプランを軸にして少しずつ変更していましたが、どうにもつじつまが合わず途中で一度「白紙」にし、1から考え直すということになりました。

白紙と言い出すのにも勇気がいりましたが、結構業者の方も、スケジュールが少し狂ってくるので慌てたことでしょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved