仮住まいへの転居

家を建て替えるときには、一時的に建物を離れなければなりません。仮住まいへ引っ越すということです。工事期間によって、仮住まいにはいろいろな方法が考えられます。

A・施工業者の契約する仮住まいを一時利用する
B・自分で探す
  a・賃貸住宅を契約する
  b・ホテルを利用する
  c・身内の家へ身を寄せる

我が家の場合、施工業者が仮住まいを持っていない為、自分で仮住まいを探さなければなりませんでした。仮住まいを探す際に、自分たちの条件をつくりました。

・老夫婦二人が住むのに、安全でセキュリティーがしっかりしていること。
・倉庫を借りなくても、所帯道具が一時保管できること。
・工事現場からほどよく近く、(希望は歩いていける範囲)、現場の確認ができること。

細かい条件を言い出したらキリがないので、
以上の三つを持って近隣の不動産屋を数件あたり、
偶然、やはり家と同じく建て替えのための仮住まいに使っていたアパートが空いたばかりというところがあり、タイミングよく契約することができました。

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved