要望のリストアップ

建築計画に先立ち、私たち家族が話し合って決めた要望を
箇条書きにして、施工業者に渡しました。

いっぺんに伝えられるわけでないので、ある程度まとまったらメールなどでお願いするようにしていました。

文書に残しておくと、
最終的にプランが決定したときに、
最初に伝えた要望がどれぐらい実現したか、目で見て分かります。

結果論として、本見積もり後に、どれだけ実現できていたか、
印をつけました。
第一優先 親世帯
第二優先 共用スペース
第三優先 子供世帯
ということも、あらかじめ言ってあったので、
結果、まずまず希望がかなっているのではないかと思われます。
×の部分に関しても、必要なしと判断したものと、
住んでいく中で改善する余地を残したものがあるので、納得の上での×になるようにしました。

◎ … 十分配慮できた事柄
○ … まずまず納得できた事柄
△ … まだ検討の余地がある事柄
× … 実現不可能だった事柄

<全体計画>

○RC躯体が、構造、積算に対して効率よく、経済的な配置であること。
※通常設計士側がバランスを考えて提案するべきことなのだが、打合せの過程においては、
平面プランの希望を優先するために、構造が次点になってしまう可能性がある。
施主の立場として、様々なプランを考慮するのは当然だが
、基本的には、構造の強化、経済性の方を優先していただいて結構です、という意味。

○内部間仕切りは将来的に流動性のあるものとして考えること。

◎建蔽率、容積率を最大確保すること。

○立地条件(高低差、周辺事情)を考慮した敷地利用のプレゼンテーション。

◎自然採光を十分に採る

○土地の高低差を生かしたプレゼンテーション

△適度な吹き抜けがほしい

△無駄なスペースの削減(廊下を最小に、空間は極力収納に生かす)

◎自然の空気の流れをつくる

△防犯について充分に考慮…プランで工夫できること
(出入り口が多いほうがいいのか?隠すほうがよいのか。→メインの玄関はひとつでよいのでは?敷地全体のフェンス、目隠しの提案)

△防犯対策…設備で対応できること
(防犯テレビつきのインターフォン、夜間ライト、オートロックなど、考えられる設備にどのようなものがあるか)

×避雷針の設置
(落ちやすい地域のため、必要かどうかの検討も含め)

△郵便受け … 小荷物が入る程度の大きなもの、家の中で受け取れる場所への設置(二階玄関付近など)

◎駐車場 … 一台は小型と検討してもよいので、スペースの見直し
上の道路から入ってくる車の動きを検討
下の道路の道幅を有効活用し、緊急車両等にも使えるようにスペースを確保。
立体的になるのか、玄関周りのアプローチ、庭の使い方などとも合わせて提案。

◎駐輪台数4台以上

△防犯、通学路のため子供のいたずら防止策考慮

△来客用の宿泊部屋(どこかと兼用でも可)…2〜3人宿泊で、6畳程度の和室。8畳くらいとれたらベスト。(容積との相談になろうかと思われる)

△屋上利用のプレゼンテーション
(物置設置、屋上緑化、エレベーターペントハウスが必要か)


<共有プラン>
◎リビングに住人以外の人が集まることを想定。
リビング=客間となるため、出入り口の位置、動線に注意。
(特にキッチンとの関係。客人の目線、動線に注意する)

○家事動線の効率化
  キッチン ⇔ 洗濯
  キッチン ⇔ 掃除道具 ⇔ 各居室
  キッチン ⇔ 各玄関
  キッチン ⇔ その他家事動線

◎給湯器の配置場所

◎洗濯動線 洗う→干す→片付ける

◎物干し場の設定(リビング目線から避ける)

◎洗面化粧台の個数、配置場所(母の化粧台が必要)

○収納スペースの確保、壁面収納(大工工事)の検討

○介護環境を考える。(介護する側、される側)

<親世帯プラン>

○介護環境
  バリアフリー(室内だけでなく、駐車場からの動線を考慮)
  建具種類の検討(引き戸、引き込み、折りたたみなどをメインに)
  通路幅、階段寸法
  適度な段差の考慮(段差を無くすのではなく、使い勝手を考えた高低差)
  手すりの配置
  色彩計画
  安全素材(程よくやわらかく、滑りにくいなど)  

◎エレベーターの設置

◎ベッドルーム、書斎スペース、箪笥置きスペースを分ける

◎布団を入れるための押入れ、洋服のクローゼットが必要

◎シャワールーム配置が可能か、金額の検討

◎トイレの配置(ベッドルーム近く)

◎専用の洗面化粧台の設置

◎自分専用のプライベートリビング

◎ベッドルームからの景色

◎他部屋との適度な遮音

◎手持ち家具の配置箇所
洋服箪笥3竿、引出箪笥2竿
多いもの … 布団、衣類、アルバム・書類、CD


<子世帯プラン>
◎それぞれの個室を確保。夫婦寝室、子供部屋2つの計3部屋。

○ピアノ用の防音室。リビングなどとの共用でOK。防音レベルの提案。

◎手持ち家具の配置箇所
洋服箪笥1竿、引出箪笥2竿、食卓など
多いもの … 衣類、食器、書籍類

○ペット(犬)対応の床材、動物にも配慮した外構計画(逃走経路の封鎖、舗装面など)

関連エントリー

 
Copyright © 2007 二世帯住宅の建て替え体験談と計画ガイド. All rights reserved